古くは江戸時代から園芸ファンの心をつかんできたといわれているモッコウバラ。

日本人に親しまれ続け、古くは江戸時代から園芸ファンの心をつかんできたといわれているモッコウバラ。春に黄色や白の花をたくさんつけます。害虫にも強く育てやすいため、普通のお宅の門のアーチや塀をにぎわせている姿をあなたも見たことがあるのではないでしょうか。



白または黄色い花を咲かせるモッコウバラ。真紅やピンクのバラとは違い“ローズ”という雰囲気ではありません。一つ一つは小さいながらも、咲き乱れるときの美しさは、真紅のバラにも負けません。モッコウバラには一重咲きもありますが、八重咲きの可愛らしさが好まれているようです。



眞子様のモッコウバラだけではなく、日本の皇族にはみなお印が定められています。例えば、皇后陛下は白樺、皇太子殿下は梓、皇太子妃殿下はハマナス、などなど。気づきましたか?そう、雅子様にもお印はあるのです。雅子様の場合はご成婚の儀とともに、お印が発表されました。



皇族の徽章であるお印は、調度品や持ち物に記されるトレードマークのような役割だけではなく、その人の象徴のようにも使われます。実はお印は皇后陛下の白樺や眞子様のモッコウバラなど植物ばかりではありません。天皇陛下のお印「榮」は文字そのものだそうですよ。


RSS関連リンク


本日の作業 ~9月のバラの剪定作業


その奥に見えるモッコウばらのトンネルは、 春咲きばらですので、来年の春まで緑のままです。 7月23日の「本日のばら園」コーナーで紹介しましたさわやかピンクの「サマーウインド」も剪定されました。 また、秋にさらに鮮やかなピンクをご覧ください。 ...



モッコウばら


20070502162141.jpg 今年もモッコウばらが満開ヽ(^◇^*)/ 20070502162154.jpg 小さい房咲きが可愛い 20070502162203.jpg.


posted by kayo at 23:26 | Comment(0) | モッコウ

原産地である中国からモッコウバラが日本にやって来たのは江戸時代。

原産地である中国からモッコウバラが日本にやって来たのは江戸時代。それ以来、平成の今になっても、モッコウバラは多くの日本人に愛されています。とげがなく、花の色によって香りが変わるというミステリアスなバラ。八重咲きやしだれというのも日本人受けするポイントではないでしょうか。



ボッティチェリの絵「ヴィーナスの誕生」に、ヨーク家とランカスター家の争い「薔薇戦争」。日本人はバラというと、西洋のイメージを持っているのではないでしょうか。ところが江戸時代に起きた園芸ブームすでにモッコウバラが栽培されていたとも言われているのです。



眞子様のモッコウバラだけではなく、日本の皇族にはみなお印が定められています。例えば、皇后陛下は白樺、皇太子殿下は梓、皇太子妃殿下はハマナス、などなど。気づきましたか?そう、雅子様にもお印はあるのです。雅子様の場合はご成婚の儀とともに、お印が発表されました。



名前を知らない人も多いほど、あまりにも生活に密着しているモッコウバラ。絵で見てみると、逆に、これがモッコウバラかと新たな発見をさせられることも多々あります。今度街でモッコウバラを見かけたら、手にとってゆっくりと見てみてください。モッコウバラにはとげはありませんから、ご安心を…。


RSS関連リンク


モッコウばら


玄関側のモッコウ薔薇花の命は短くて・・・今年は連休中、天気が荒れたからほんとあ???っと言う間に終わっちゃた・・・これ、始めは30cmぐらいの...



モッコウばら開花


木のふれあいひろばのモッコウバラが開花しました。今年はせんていをしなかったのでとても豪華です。


posted by kayo at 23:26 | Comment(0) | モッコウ

モッコウバラ(木香茨)。その名とは裏腹に香りがない。

モッコウバラ(木香茨)。その名とは裏腹に香りがなく、とげもないのが特徴の、中国原産のバラです。日本では江戸時代から親しまれていて、今ではどんな住宅地でも見られるような、身近なバラとなりました。そんなモッコウバラが最近、再び注目を集めたのです。



日本で最初の植物図鑑である岩崎灌園の「本草図鑑」にも、モッコウバラは掲載されています。モッコウバラには白い花を咲かせるシロモッコウと、黄色い花のキモッコウがありますが、岩崎灌園が描いたのはシロモッコウ。緩やかにしだれているその姿は、スダレイバラの別名を思い起こさせるものとなっています。



中国原産のモッコウバラは江戸時代に日本に伝わり、1800年代にはバンクシアンローズの名でイギリスに紹介されました。その後フランスへ渡ったモッコウバラは、「バラの画家」として知られるピエール=ジョセフ・ルドゥーテの手で「レディバンクス」という作品になりました。



皇族の徽章であるお印は、調度品や持ち物に記されるトレードマークのような役割だけではなく、その人の象徴のようにも使われます。実はお印は皇后陛下の白樺や眞子様のモッコウバラなど植物ばかりではありません。天皇陛下のお印「榮」は文字そのものだそうですよ。


RSS関連リンク


モッコウばら


モッコウ、5年前からあるけど初めて花をつけました?よかった咲いてくれて...



モッコウばら


といったように、バラ愛好家以外の方々でも簡単に育てることができる品種であり、最大限の特長としては、トゲが無いことなので、安心して取り扱いが出来ますが、泥棒避けの生垣には不向きかも? いつも読んで頂いてありがとうございます。 ...


posted by kayo at 23:26 | Comment(0) | モッコウ

白や黄色の可憐な花を咲かせるモッコウバラ。

バラというと真っ先に思い浮かべる真紅のそれとは違い、白や黄色の可憐な花を咲かせるモッコウバラ。日本の家屋にもよく合う姿と、育てやすさで人気となっています。あまりにも身近なため、モッコウバラだと意識せず普段から目にしている花がそうだった、なんてこともあるはずです。



ボッティチェリの絵「ヴィーナスの誕生」に、ヨーク家とランカスター家の争い「薔薇戦争」。日本人はバラというと、西洋のイメージを持っているのではないでしょうか。ところが江戸時代に起きた園芸ブームすでにモッコウバラが栽培されていたとも言われているのです。



白い花のモッコウバラはほんのりと甘い香り。黄色いモッコウバラは一般に無臭だと言われていますが、そんなことはありません。キモッコウはかすかに、しかし力強く、すがすがしい香りがするのです。この控えめだけれど芯の強いさまは、日本女性を思わせます。



名前を知らない人も多いほど、あまりにも生活に密着しているモッコウバラ。絵で見てみると、逆に、これがモッコウバラかと新たな発見をさせられることも多々あります。今度街でモッコウバラを見かけたら、手にとってゆっくりと見てみてください。モッコウバラにはとげはありませんから、ご安心を…。


RSS関連リンク


モッコウバラ


モッコウばらが今年も咲いてくれました。管理の仕方が悪いのか花が去年より少ないです。他所さんのモッコウばらを見かけると、ものすごい咲いているのでやっぱし管理が悪いのかも写真からも分かるように我が家は緑ばかりの山ん中なのでガーデニングなんか ...



雑用兼ねて現場廻り


こちらはレッドシダーで作った窓廻りのパーゴラ モッコウばらで 日よけにする計画なのですが 今年はまだ届かないのでよしずがかかっています。 P1010072. 昨日の夕方 何とか塗装して間に合わせた テーブルもお持ちしました〜 (涼しくなったら)ティー ...


posted by kayo at 23:26 | Comment(0) | モッコウ

きれいな花にはとげがある、と言いますが、その代表格がバラ。

きれいな花にはとげがある、と言いますが、その代表格がバラ。様々な種類があり、時に可憐に、時に妖艶に咲き乱れるバラの姿は、とげを隠し持っているからこそ美しいのだと言われるほどです。でも、とげのないバラもあるんですよ。それがモッコウバラ、日本では古くから愛されています。



ボッティチェリの絵「ヴィーナスの誕生」に、ヨーク家とランカスター家の争い「薔薇戦争」。日本人はバラというと、西洋のイメージを持っているのではないでしょうか。ところが江戸時代に起きた園芸ブームすでにモッコウバラが栽培されていたとも言われているのです。



中国原産のモッコウバラが日本に伝わったのは江戸時代。当時日本を訪れたドイツ人医師、エルゲルト・ケンペルも日本でバラが栽培されていたことを記録に残しています。一般のバラのイメージとは少し違う白や黄の八重咲きの花は、当時の日本の家屋にもよく似合ったのではないでしょうか。



皇族の徽章であるお印は、調度品や持ち物に記されるトレードマークのような役割だけではなく、その人の象徴のようにも使われます。実はお印は皇后陛下の白樺や眞子様のモッコウバラなど植物ばかりではありません。天皇陛下のお印「榮」は文字そのものだそうですよ。


RSS関連リンク


5月3日 色んな花


この食べ方が、ひと講釈あります。 2、モッコウばら・・・・・Hさんが植えているモッコウばらを貰って花瓶に。とげの無いバラだそうです。 3、カモミール・・・・・種を蒔かなくても毎年自生します。ニンニクの間に生えました。 ...



庭のお花達ー初夏1


モッコウばら. 200705_008 モッコウばら. ここからシュートを伸ばして. ダイニングの出窓へ誘引. 200705_002 クレマチス. 200705_004 すずらん. 200705_005 花みずき. ピンクの花が少し咲きました. 200705_007 こでまり. 200705_009_1 ネモフィラ ...


posted by kayo at 23:26 | Comment(0) | モッコウ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。