原産地である中国からモッコウバラが日本にやって来たのは江戸時代。

原産地である中国からモッコウバラが日本にやって来たのは江戸時代。それ以来、平成の今になっても、モッコウバラは多くの日本人に愛されています。とげがなく、花の色によって香りが変わるというミステリアスなバラ。八重咲きやしだれというのも日本人受けするポイントではないでしょうか。



ボッティチェリの絵「ヴィーナスの誕生」に、ヨーク家とランカスター家の争い「薔薇戦争」。日本人はバラというと、西洋のイメージを持っているのではないでしょうか。ところが江戸時代に起きた園芸ブームすでにモッコウバラが栽培されていたとも言われているのです。



眞子様のモッコウバラだけではなく、日本の皇族にはみなお印が定められています。例えば、皇后陛下は白樺、皇太子殿下は梓、皇太子妃殿下はハマナス、などなど。気づきましたか?そう、雅子様にもお印はあるのです。雅子様の場合はご成婚の儀とともに、お印が発表されました。



名前を知らない人も多いほど、あまりにも生活に密着しているモッコウバラ。絵で見てみると、逆に、これがモッコウバラかと新たな発見をさせられることも多々あります。今度街でモッコウバラを見かけたら、手にとってゆっくりと見てみてください。モッコウバラにはとげはありませんから、ご安心を…。


RSS関連リンク


モッコウばら


玄関側のモッコウ薔薇花の命は短くて・・・今年は連休中、天気が荒れたからほんとあ???っと言う間に終わっちゃた・・・これ、始めは30cmぐらいの...



モッコウばら開花


木のふれあいひろばのモッコウバラが開花しました。今年はせんていをしなかったのでとても豪華です。


posted by kayo at 23:26 | Comment(0) | モッコウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。