社内恋愛で2人のヒミツを守る方法


そうなると、益々秘密でなければ継続出来ない社内恋愛という事になります。
仕事中はいかなる場合もお互い敬語で話す、とか、わざと退社時間をずらして、外で待ち合わせをするなど、皆さんいろいろ工夫を凝らしていらっしゃるようです。
勿論、冷やかされたり、いちいち緩衝されるのが嫌だからと言う人も多いですけどね。
私も以前、実際に同僚が先輩と社内恋愛をしているのを知っていて、かなりきついという話を聞いた事もありますね。
様々な人生を学ぶ上でも、社内恋愛を題材にしたブログやサイトを読むのは、私は結構好きかも・・・。

社内恋愛は必ずしも結婚に繋がるとは限っていなくて、中には社内恋愛による不倫というのもありますよね。
秘密があるからこそいい恋を楽しめる、それが社内恋愛のとっておきの魅力でしょう。
また、例え独身同士の社内恋愛でも、結婚に繋がらないという事は、いつか別れを迎えるという事です。
そうなった時、お互い辛いし、周囲にも心配を掛けたり、気を遣わせたりしてしまいます。
あるアンケート調査によると、社内恋愛が結婚に繋がる確率は約18パーセント、意外と低いんですよね。
やはり、周囲に悟られてしまうと、社内恋愛を継続するには何かとしんどいようですね。
ストーリーを話せば長くなるので、あえて話しませんが、とにかく、社内恋愛と秘密厳守は切っても切れない関係にあるという事です。
職場ではお互い干渉せず、ビジネスとプライベイトのメリハリをしっかり付ける事によって、社内恋愛は、更にスリルを増すのではないでしょうか。
そしてある日突然、みんなに結婚式の招待状を出すと驚かれますが、これがまた実に面白い。
もし誰かにばれたら大変、何もかもを失ってしまいますし、多くの人を傷付ける事にもなります。

社内恋愛は最も身近な話題、社内恋愛を取り上げたドラマは多数あります。
例えば、プライドの中では、主人公の部屋へ行った事のある事を、彼女である竹内結子さんが、必死で隠そうとする場面が出て来ます。
あっ、たまたまキムタク主演のドラマばっかりだけど、別にキムタクファンっていう訳じゃありませんよ。
ただ、そういうドラマでも、やっぱり主人公が社内恋愛の秘密厳守に努めるシーンは、どうしても印象的ですね。
因みに、私が好きだった社内恋愛を取り上げたドラマは、「プライド」とか、ラブジェネレーション」とか、「グッドラック!」とかかなぁ。
それにね、恋にはやっぱりドキドキわくわくが付きもの、秘密を持つ事によって、それが存分に味わえます。
また、その秘密厳守の2人の関係が社内恋愛の最大のスリルだと言う人も大勢います。
posted by kayo at 17:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。