社内恋愛のアプローチ体験談


勿論、そういう強く素晴らしい女性が語る社内恋愛体験談の載ったブログやサイトも少なくありません。
理由は簡単、恋にうつつを抜かしていると仕事が疎かになるからだって。
その後の彼女の仕事に打ち込む姿勢を見ていると、痛いほどそれがよく判りました。
社内恋愛が公に認められ、応援してもらえる企業があるとしたら、恐らく結婚関連のビジネス位でしょうね。
しかも、彼女が社内恋愛を実らせるために努力したのは、仕事だけではありません。
実際に、社内恋愛を実らせて、開発部の男性と結婚した同僚もいますしね。

社内恋愛禁止なんてハデに謳ってもね、こればかりは個人的感情の問題だから、むしろ強制的に社内恋愛を禁止する方が難しいのではないかとも思います。
ただ、何故課長がああも社内恋愛禁止に拘るのか、私はその理由を知っています。
当然、今の後輩たちのように、社内恋愛についても、2人であれこれいろんな話をしましたよ。
もともと課長は4年制の国立大学を卒業していて、成績優秀だったんです。
ですから、私服も地味だったし、メイクも最低限しかしていなくて、お世辞にもおしゃれなヤングレディーとは言えなかったですね。
でも、入社当初から仕事は出来たし、バリバリ発言するので、正直、社内恋愛に感心の高い先輩OLたちからは、よくは思われていなかったようです。
ところがところが、意外とそういう彼女は、男性社員の注目を集めちゃったんですね。
すると課長だって一応は女、当然少しずつ社内恋愛に感心を示すようになりました。
だけど、うちの社内報には、社内恋愛禁止という項目はどこにもありません。
しかも、その憧れの男性はさっき話した開発部の先輩エンジニア、同じ経理部の先輩OLとの社内恋愛で結婚する事となりました。
そして、次の年のバレンタインにチョコにアプローチカードを添えて、彼女の社内恋愛はついに形を見せました。
で、ホワイトデーに届いたのが、お礼の手紙とスカーフ、そして、結婚式の招待状だったんですよね。
ファッションセンスやメイク術、そしてダイエットにも励み、とにかく一生懸命自分磨きにも勤しんだんです。
これは課長が勝手に謳っているだけで、後輩たちの陰口は、かなり的を得ているのは事実ですね。
いい社内恋愛したと思って、彼には感謝しているって言っていたけど、本当はものすごいショックだったんでしょうね。
でも、それはどこの企業のどんな部署でも同じ、仕事より恋愛重視を認めてくれる所なんてないと思いますよ。
よくブログやサイトにも、社内恋愛に関する悩みが乗っていますが、やはりアプローチが大きく明暗を分けるのは確かみたいです。社内恋愛禁止、なんてハデに謳っているうちのお局様、あれは絶対自分が社内恋愛出来ないからああ言ってるのよ。
時代が変わり、今は恋愛も仕事も男女平等、女性だっていくらでも立ち直れるし、そういう意味ではアプローチせずに後悔するより、して後悔する方がいいのかも知れませんね。
でも、逃げ出す人も多い中、そのまま会社にとどまり、何事もなかったかのように頑張り続けている彼女は、ほんと立派だと思いますよ。
posted by kayo at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。