付合うきっかけ


自分がどのような言動を選択するかによって、その人と付合うきっかけを逃してしまうこともあるでしょう。
単純に出会いの数を増やしておくだけでも、付合うきっかけは増えます。
一人の人しか知らなければ、付合うきっかけは常にその人しかいませんから、失敗すれば終わりです。
そこで相手に付合う気がないということが分かれば、一方的に告白して傷付くこともありません
絶対付合うんだ、という気持ちだけが空回りして相手にマイナスのイメージを与えることも無くなります。
付合うためとはいえ、下手なテクニックに頼るよりも、まずはこうした交流の場を探してみるべきでしょう。
あるいは、自分の方から相手に気のある仕草を見せることも、付合うきっかけ作りとしては効果的です。
そういったサイトや掲示板、あるいは付合うためのイベントを企画しているところなど、調べればたくさん出てきます。

付合うきっかけを得るためには、相手を観察することも大切です。
表情や雰囲気、身につけているものなど、外見には付合うのに参考になる情報が詰まっています。
また、きちんとした目で相手をよく見ると、自分に気があるような仕草が見られたりするもので、それだけでも付合うきっかけとしては充分です。
反対に、付合うことが目的のあまり、しゃべりすぎて軽そうに思われたり、寡黙すぎて人付き合いが下手そうに思われたりもしてしまいます。
自分だけでなく、相手にも観察されているのだという意識も持たないと、付合うきっかけを逃してしまうでしょう。
ですが多くの人と出会うことによって、付合うことのできる人間は増える訳です。
勇気を出してアクションを起こすよりも、まずは小さな仕草で誘い、付合うきっかけを探してみてはいかがでしょう。

付合うきっかけを作るには、自分の力で越えねばならないハードルもあります。
ですが、きちんと一つ一つのポイントさえ理解して接していれば、そう酷いことにはなりません。
例え相手から嫌われても次があるのだ、と気持ちを切り替えることが、異性と付合うためには大切です。
別れるきっかけに脅えるよりも、まずは付合うきっかけを探して生活してみてはいかがでしょう
posted by kayo at 17:54 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。