男女交際と道徳

男女交際の道徳について、皆さんは何かご意見をお持ちですか。
もし、我が子に教えるとしたら、これだけは絶対伝えたいっていうようなルールとか。
昨夜ね、久しぶりに会った学生時代の友達と居酒屋に行った時に、この男女交際についての話題が出たんですよ。

男女交際という言葉の生みの親は壱万円札でおなじみの福沢諭吉で、明治生まれの四文字熟語なんですよね。
何しろ恋愛は常に人の自由、それに異性に興味や好意を持つという志はいつも大切にした方がいいと思うんですよね。
普通は大体母親の仕事になるみたいですが、実際には父親の方がその何倍も心配しているのだそうですよ。
私は同級生でありながら今田独身、自分自身が勝手気ままに男女交際を楽しんでいる方です。
Societyという英語を交際という日本語に約して、積極的に男女の恋愛を応援したとかって、以前どこかで聞いたような気がします。
私もそんなブログやサイトを読んで、今一度道徳的に男女交際について考えてみましょうか。
年頃の双子の娘のオヤジである彼は、最近の男女交際について彼なりに悩んでいるようです。
幸い子供のために悩んだり心配したりする必要はありませんし、もうこの年になれば、酸いも甘いも知っているつもり。
しかし、この私独自の理論は道徳的には少々問題ありかも知れないし、友達の子供に安易に伝える訳には行きません。
そう思うと、男女交際という言葉の誕生が今の自由恋愛を産み出してくれたようなものですよねぇ。
昔のように、男女交際も楽しめないまま結婚するなんて、絶対嫌ですもんね。

男女交際大好き、大いに楽しむべし、これが私の意見でしょうか。
そう言えば、うちのおじいちゃんとおばあちゃんも、お互い一度も会った事なかったのに婚約したって言っていました。
そう考えると、男女交際を道徳的に考えるってすごく難しいですよね。
まあ確かに、親としては悩むし、困りますよね、子供にきちんとした男女交際を要求するのって。
基本的にはお互いとその周囲の人を傷つけない事とその男女交際をそれなりに楽しむ事がポイントなのではないかと思いますね。
取り合えず、親がちゃんとした男女交際の基準みたいなのを支持する事が大事じゃないかしら。
常時必ずと言っていいほど、男女交際に関する話題や情報は掲載されているからです。
posted by kayo at 17:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。